CSR(Corporate Social Responsibility)

CSRとは、「企業の社会的責任」

  • コンプライアンス(法令順守)
  • コーポレートガバナンス(企業統治)
  • 環境関連法令等を遵守する。
  • ディスクロージャー(情報開示)

など、一般に企業が社会に対して果たすべき「責任」と捉えられています。

株式会社クレストは、「Responsibility」=「責任」ではなく、「Responsibility」=「信頼」と考えます。

企業には、消費者、従業員、取引先、地域住民など幅広いステークホルダー(利害関係者)があり、CSRにはこうしたステークホルダーとの双方向のコミュニケーションが重要であると言われます。
つまり企業をとりまくさまざまな立場の方々との双方向コミュニケーションがあってはじめて、ステークホルダーから信頼を得ることができるのです。
こうした企業がCSRを果たしていると言え、そのための活動がCSRと言えます。